Bridgeで参照

[ファイル]メニューから[Bridgeで参照]を選択するとAdobe Bridgeが開きます。

Adobe Bridgeとは

画像のサムネールを表示するというのが主な機能だと思います。
Photoshop、Illustratorのファイルのサムネールも見ることができます。

ファイルをクリックすると

Htmlファイルをクリックするとブラウザが起動します。
画像をクリックすると画像編集ソフトが起動します。

ドラッグアンドドロップで開く

AdobeBridgeで見つけたファイルをDreamweaverで使いたいときはドラッグアンドドロップで持ってくることができます。
HTMLファイルならDreamweaverのファイル名のタグのあたりに、画像だったらドキュメントウィンドウにファイルアイコンをつかんだマウスカーソルを持っていって離します。

画像編集ソフトを起動したいときに使う

PhotoshopやIllustratorなどで開くファイルを指定するのに使うと便利です。サムネールを見て適切なソフトを起動することができるので。ほかのソフトではソフトのアイコンが表示されてしまいます。ファイル名を覚えていればいいのですが。

画像の整理にも使える

画像に関する属性が表示されるのでデジカメで撮ってきた画像の整理にも使えるでしょう。
いろいろな条件で並び替えることができます。エクスプローラやVIXより高機能です。
ただ、一つのフォルダ中の画像ファイルをすべて印刷するという用途ではVIXの方が良いかもしれません。AdobeBridgeはあまり印刷を強化していないようです。Bridgeは架け橋という位置づけのようなので

関連コンテンツ

広告

サブコンテンツ

このページの先頭へ