テンプレートとして保存

Webサイトはヘッダー・サイドメニュー・フッターのように、パーツを繰り返し使うことがよくあります。ページの共通部分をテンプレートとして登録することで、生産性向上と省力化・リンク信頼性の向上などを実現させることができます。

テンプレートとは

テンプレートは、おおざっぱに言って雛型のことです。DreamweaverのテンプレートからHTMLファイルを作ると、後でテンプレートの一部分に変更が生じたときも、テンプレートの変更をHTMLファイルに一気に反映させることができます。サイドメニューのリンクの追加など便利に使えそうです。

テンプレートとして保存する前に

テンプレートはHTMLファイルから作ることが多いと思いますが、テンプレートとして保存する前にHTMLファイルとして保存するようにしましょう。テンプレートとして保存した時点の変更はHTMLファイルとしては保存されないからです。

テンプレートファイルの保存先

作業用フォルダにTemplateフォルダができていると思います。その中で拡張子dwtのファイルがテンプレートファイルです。

編集可能領域の設定

[挿入]パネルの[一般]カテゴリの[テンプレート][編集可能領域]から編集可能領域を設定可能です。領域の名前を設定します。

テンプレートからHTMLファイルを作る方法

[アセット]パネルの左側下から2番目のテンプレートボタンを押し、テンプレート名を表示します。テンプレート名を右クリックで表示されるポップアップメニューから[テンプレートから新規作成]コマンドを選択します。

関連コンテンツ

広告

サブコンテンツ

このページの先頭へ